ご挨拶

私は32年間トライアスロン・長距離ランニング、そして50年間サッカー競技に取り組んでまいりました。
この間、骨折などはありましたが、50歳までは大きな怪我も無く、至って健康体で、人にはその健康体を羨ましがられる程でしたが、51歳になり無理が祟ったのか、右ひざが腫れ水が溜まり、とっても走れる状態ではなくなってしまいました。
そのような場合、殆どの方が行う対応方法は、整形外科や整骨院で痛みを抑える治療です。
私も1年間、週に2回治療に通いましたが、状態としては改善せず、テーピングやサポーターぐらいで膝の補助をしても、走れない状態に至ってしまいました。
その時に知人を通じて紹介されたのが、ドイツで誕生した足元からバランスを変えるインソールだったのです。
実際に自分自身で体験し、怪我や姿勢の改善を実感、絶対的な製品への信頼感を持つ事を契機にインソールの代理店を8年・福岡支店の支店長を2年、定年からは特約店として現在に至っております。
この11年間で多くの足の重要性、そこから造れるバランスの良い姿勢を勉強し、2年前からはスポーツクラブで中高齢者を対象とした健康ウォーキング教室を展開しながら、足の裏全体を意識しながら体幹を使うウォーキングフォームを普及させています。
インソールの安定感と健康ウォーキングを実践することは、自らの筋肉バランスを改善し、筋肉が低下して起こりうる腰痛や膝痛の改善や予防にもつながります。 
この「足から造る!負担の少ない健康な身体作り」を取り入れていけば、歩くことの楽しさと、自ら作る健康な身体に日々の生きがいを感じ取って頂けると思います。